代表から応募者のみなさまへ

自分と未来は変えられる。

社会に貢献する企業として

「事業は社会でお役に立つ存在価値がなければならない」「企業はお客様の期待値を超えるブランドを確立しなければならない」――その想いで、私自身経営に身を捧げ、情熱のすべてを注ぎ込んできました。当社の長い道のりを振り返ってみるに、取引先のみなさまも社員も経営者の必死な姿を見て、「応援しよう」「支えよう」と思ってくれたのではないだろうか――そんな気がしています。

「幸せになりましょう」という合い言葉がイシカワの原動力です。私はこれまで、「経営とは、そこで働く人々が幸せになるために環境と機会を提供するものである」という信念を貫いてきました。お陰様で、一歩一歩ですが企業も人も成長していると感じられるようになりました。

次世代を担うリーダーに期待すること

社会の変化とともに、いずれ私も含め世代交代をするときが来ますし、新たな市場ニーズも生まれてくるでしょう。旧世代は、気合い・根性といった精神論や管理・マネジメントで時代を駆け抜けてきた自負があります。

次世代を担うリーダーに期待することは、イシカワの新たな強みを開発し、事業を社会の変化に適応させ、組織としてスピーディーにきめ細かく対応できるようサービスを磨き続けていくこと。これからは、個の力だけでなく、「協働」して成果を出せる人材が必要だと考えています。

応募者のみなさまへのメッセージ

これから、イシカワとご縁があろう応募者のみなさまへ。

第一に、社会人(会社人)となったら、先輩・上司の指示通り「すべきこと」を徹底することが大切です。会社では、自分のしたいように仕事をさせてもらえません。というより、最初は大して仕事ができません。ですから、はじめは小さな目標を立て、少しずつ積み重ねていけばいいのです。

毎日頑張っていれば、いつしか驚くような変化に気付くはずです。まず、周囲の目が変わってきます。「彼(彼女)はなかなかやるようになったね」と。そして、レベルアップした仕事を与えられるようになり、どんどん忙しくなってくる。仕事に夢中になって、いつの間にか「できること」がどんどん増えてくる。いろいろ悩まなくても目の前の仕事、お客様の声や同僚の叱咤激励に応えているだけで、こんなに成長できるのだと思えるはずです。

未来は誰にも予測できません。ただ、自分と未来は変えられるのだという信念は、常に持ち続けて欲しいですね。